LINE乗っ取り

Date:2017.04.16 Sunday
Author : 幸之進

ライン乗っ取りの噂は聞いたことがありましたが。。

 

LINE乗っ取りの一つの手口を入手!


実例1
  ある日のお昼前に、facebook友(ちゃんとした知人)から久々に

  メッセージが届きました


知人「今、忙しい?」


「電話なら良いですよ」


知人(詐欺氏?)「携帯が壊れたから電話番号を教えてくれる?

  それと検証コードメッセージを受け取ってくれるの?」


「090-◯◯◯◯-◯◯◯◯」


詐欺氏「メール入ったら4桁の検証コードを送信してくれ携帯には

    4桁の認証番号が届いてますか?」
 

☆ココで1通のLINE!】と【1通のショートメール】
 

   ↓画のような内容を受信


「電話番号を教えて貰ったらこちらから電話しますが」


詐欺氏「携帯が壊れたから連絡先をなくした」


詐欺氏「大丈夫だよ LINEの認証するだけで お願いします」


「頑張って下さい!」

 


それ以降・・・スルーかいっ!!

 

 

↓実際に届いたメール等々

 

▼Facebookからのメッセージ

 

▼Facebookからのメッセージ

 

▼ショートメールで届いた文面

 

 

▼LINEで届いた文面

 

 

 

気をつけましょう!!!

外務省 海外安全ホームページ

この人!!あの人!!!

 

 

 

0
    | 注意 | comments(0) | trackbacks(0) |

    まさか!?? マイナンバー詐欺からのお誘いかも?

    Date:2015.10.09 Friday
    Author : 幸之進
    久しぶりに届いた訳の分からないメール
            ↓


    件名: ‚Ј‚Э‚ц‚Є‚В‚Д‚Ђ‚м‚З(+_+)

    朝からホントに悪いんだけど、あたしの携帯がバグりました;;

    電話帳がバクってアドレスはわかるんだけど名前がわかんなくなっちゃったの(><)

    ピンチなんで必ず返事ちょうだい!!

    なんか危ないからアドレスも変えようと思ってるので、

    ma-rin_nir-am@      するから返事くれると助かります(*_*)

    とりあえずお昼くらいに携帯見れるからその時また連絡します(;^_^A

    お願いしますっ(><)



    甘い言葉・意味不のメールにご注意下さい(^^

     
    0
      | 注意 | comments(0) | trackbacks(0) |

      第二弾 ブラキかな? 個人だからブローカー??

      Date:2014.08.07 Thursday
      Author : 幸之進

      木のシルエット出現!? またの名をブラック木



      今日も電話に出ず・・かかって来ない



      某個人会社と打合せ→見積提出→仕事が無事終了→請求書提出・・・・・・

      普通・・・支払いって、早くて1-2日後〜長くて3ヶ月後

      ぐらいには入金があるはず・・ 

      >某楽器屋さんは催促して半年後にやっと入金があったとか(^^;

      弊社も何年か前の仕事の時も催促して・・4ヶ月後の入金。。



      今回は春先の仕事の流れで、受けてしまったのですが・・・

      知ってる=後輩=更生してると信じ・・?でも変わっては無かったです(・・

      せめて、いついつまでに!とか少し待って下さい!

      とか何か言って来るのなら良いのですが何も言って来ず!

      >居酒屋で、たまーに見かけますが・・


      何度か直電話をするも・・・出ない・・折り返しかかっても来ない。。

      地元業界筋では、支払いが悪いって事で、知る人は知ってるハズ


      今回は、名前をあげるのはヤメトキますが・・相手の出方次第ではどうなるかは??

      一応催促の電話は毎日かけさせて貰うつもりです♪ >迷惑電話になる??(^^

      無視され続けたら・・Facebook(私とは友繋がってません)やってるみたいですし

      久々に投稿をするかも?

      真っ黒の「木のシルエット」画像添付して 「ブラキ一段と成長!!」

      って事にしてUPしてみるかな(笑




      注)発注する側も受注する側も、注意しましょうね。。

      (逆のパターンもありますがね・・俗にいうサギ。)

       2014.8.7.o:38
      0
        | 注意 | comments(0) | trackbacks(0) |

        第一弾!支払いが遅いクライアント(同業社かな?)に催促する10の方法

        Date:2014.08.06 Wednesday
        Author : 幸之進
        以下は、ネットからの抜粋です

        なかなかギャランティを支払ってくれないクライアント(同業社かな?)は、小さなビジネスにとって大きな悩みの種です。提供した労働に対する対価が入ってこないようでは、日々の支払いを済ませたり、会社を大きくしたりすることは間違いなくできません。

        そこで、未払いの請求書がある場合にできる対策をまとめてみました。

         

         

        1.作業を始める前に、クライアント(同業社かな?)から契約書に署名をしてもらう

        納品物の内容、価格、支払日を明記した契約書を用意し、それに署名をしてもらうことで自分だけでなくクライアントも守ることができます。もしも法的な手段に出る必要がある場合でも、契約書があることによってずいぶんと有利な立場を確保できます。

         

        2.支払いを前倒しすることに対してメリットを提供する

        近所にある歯科医院では、治療を受けたその日に現金または小切手で支払いを済ませた患者は5パーセントオフになる、というところがあります。同じように、請求書やクライアントとの契約書、あるいは仕事をアピールする看板などに謳っておくことで未払い案件を減らせるでしょう。

         

        3.クレジットカードや銀行振込による支払いを奨励する

        「Inc.」のコラムニストJeff Haden氏によると「時として、『クレジットカードでお支払いしますか? それとも銀行振込にしますか?』と聞くだけで十分なのだそうです。

         

        4.支払いの大部分を前払いしてもらう

        「クライアントのために働いているはずなのに、交通費などの費用を自分の会社が最初に負担しておく必要があり、やっている仕事の報酬分くらいの経費を立て替えなくてはならないという場合もあります」と連続起業家のEric Holtzclawは語っています。「支払い能力のある状況を保つためにもこれらの経費の回収はできるだけ早急に行うべきです」

         

        5.遅延料金を請求しない

        今後も同じクライアントとビジネス関係を続けていきたい、という場合、ペナルティを設けるというのは関係性に良い影響を与えません。

        「普通に考えて、支払いを急がない性格の人が遅延料金を急いで支払ってくれるとは思えません」とオンライン法人ファイリングサービス「CorpNet.com」のCEOであるNellie Akalp氏は「FreshBooks」のブログに書いています。「小額のペナルティはビジネスコストとして処理され、支払いが遅れたことを正当化してしまいます」

         

        6.請求書は期日を守って発行する

        請求書の発行は事務処理でしかないので「面倒くさい」という言葉がピッタリはまりもしますが、Akalp氏に言わせれば「これは料金をもらうことの優先順位がさほど高くない、というメッセージを発信しているも同然」なのです。

        いつまでに支払ってもらいたいのかも書き加えておきましょう。「21日以内にお支払いください」など具体的な数字を書き込むとより効果的です。日数が書かれている請求書の方がネット形式で書かれているもの、あるいは書かれていないものよりも支払いが行われる可能性が高く、支払いのタイミングも早い傾向にあるのもうなずける話です。

         

        7.顔を見せに行こう

        メールや郵便で届く請求書を無視することはさほど難しいことではありません。そんな場合には顔を見せに行ってみましょう。愛想良くクライアントに挨拶をし、世間話をしてみましょう。支払いがないことに対するやむを得ない理由がもしかしたらあるのかもしれません。もし、そういった事情がある場合、支払い計画を提示してみましょう。でなければ、SquareやPayPalといった決済サービス経由での精算をお願いしてみましょう。

         

        8.配達証明記録付き郵便を使用する

        数カ月に渡って請求書が未払いの場合、配達証明記録付き郵便で請求書をもう一度送ってみましょう。受け取るのにクライアントの手間がかかり、手元にも受け取りの記録が残るので有効な手段です。必要であれば弁護士に執筆してもらった手紙を同封すると、よりパンチ力をアップできます。

        「ですが、これはやりすぎである場合も考えられます。支払いに仕向けて行く戦略と未払い状況、そしてクライアントとの関係性をよくよく考慮してからこの方法が適切かどうかを判断してください。」とInc.コラムニストのHoward Greenstein氏は忠告しています。

         

        9. 働くことをやめる

        無謀なやり方にも感じられるかもしれませんが、継続中のプロジェクトの作業を一時中断するのも効果的な方法の1つです。

         

        10.遅延常連クライアントとの関係性を見直す

        支払いを受け取ることが常に戦いである場合、クライアントの会計士またはCEOと相談し、支払いのタイミングをずらす、または請求書の頻度や発送方法を変えるなど、何かできることがないかどうか聞いてみましょう。

        支払いを渋るクライアントとのやり取りは、支払いを渋らない良質なクライアントを探しに行くべきタイミングである、という警告なのかもしれません。

        第二弾! に続く予定!!?


         

        0
          | 注意 | comments(0) | trackbacks(0) |

          旬のモノが届きました(・・

          Date:2014.07.17 Thursday
          Author : 幸之進

          昨夜帰宅すると一通の封筒が・・

          中にはA4の紙2枚で、ゴメンなさい・・と 

          >誠意?   金目違いますよ〜ブラ企↓のPRです(^^v

           
           


          数年前にヤメタはずなのに・・こっそりと保管されてたのですね・・

          >ネット 恐しですね



          あっ! のんきに、イベントはするらしいですね。。

          ・しまじろうコンサート

          ・しまじろうとMimiの英語コンサート

          「しまじろうとMimiのサマーアドベンチャー」





          追伸1)杉内? 川内?合格?!

          一方…懲りずに、ボヤ出してるし・・・


          追伸2)市長・県議・市議の逮捕!訳の分からない県議

          時代の流れ・・? 観光の一つの手段なのかも・・


            >どこかの市町で、まだ出て来るでしょうね。


           
          0
            | 注意 | comments(0) | trackbacks(0) |

            「人民日報」が断言していた「尖閣諸島は日本のもの」

            Date:2013.02.22 Friday
            Author : 幸之進

            今月いっぱい体験王国のみで行こうと思っていたのですが・・

            下記の記事を見て・・我慢できずに? コペピupしました。。

            変わった人種ですね・・


            http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20130219/243926/?P=1&rt=nocnt



            前回の記事では、「中華民国」国民政府の主席である蒋介石が、かつて尖閣諸島の領有を放棄した事実と、それを中国共産党が自らのメディアで公開していることをお知らせした。

             これに関して、「そんなことをいっても、現在の中国(中華人民共和国)は、『あれは中華民国の主席が言ったことであって、中国とは関係ない』と言われるのがオチだ」という主旨のコメントをいただいた。

            まずちょっとだけ解説を

             この点に関して少しだけ説明をさせていただきたい。

             中国は「一つの中国」を大前提として1971年に国連に加盟した。日本やアメリカ合衆国と国交正常化をするときにも必ず「一つの中国」を条件とした。「一つの中国」とは主として「台湾を中国の不可分の領土」とする立場を意味し、「中華人民共和国」を唯一の「中国」を代表する国家である、とする言葉だ。

             その根拠に関して、2004年3月14日、温家宝首相は全人代(中国の国会に相当)の後、次のように述べている。

            中国が台湾に対して有している主権は、「カイロ宣言」および「ポツダム宣言」において明確に規定されている。

             カイロ宣言、ポツダム宣言で中国を代表する立場にあったのは、蒋介石である。

             つまり中国は、かつての「中華民国」の主席(のちに総統)であった蒋介石が発言した「カイロ宣言」を基軸として領土問題を主張しているのである。だからこそ、2012年9月27日、中国の楊外交部長もまた尖閣諸島(釣魚島)の領有権を主張する際に、この「カイロ宣言」と「ポツダム宣言」に根拠を置いた。

             この基礎知識を共有していないと、「カイロ密談」の舞台裏を発掘した意義はご理解いただけないだろう。ご迷惑をおかけした。

             気になったのは「何を言ったところで、中国はなんだかんだととぼけたり難癖を付けてまともに対応しないだろう」という声の意外な多さだ。「無益な論争に巻き込まれるのはムダだ」という態度は理解できないではないが、しかしそれなら私たちに何ができるだろう。ただ武力衝突を待つのか、それとも日本の軍備を強化するのか。いずれにしても行きつく先は戦争か日本の敗北だ。それを招かないようにして次世代を守っていくために努力するのは、筆者は無駄なことではないと思う。

             気楽な読み物としてはしんどい、ということならばお詫びするしかないが、私も、そして多くの読者の方々も、真剣に日本を守りたいと思ってこのページをご覧いただいていると私は信じたい。そのためにも、疑問にはできる限りお答えしていくつもりだ。

             コメントの中には「カイロ密談」の信憑性を疑うものもあった。これに関しては次回の記事で、アメリカ公文書館にあった議事録をご紹介することを予告しておこう。

             さらに「カイロ密談」において琉球群島(=沖縄県)を論じる時に「尖閣諸島」が「台湾の所属か」それとも「沖縄に帰属するのか」が問題となるというご意見もあるだろう。

             「尖閣諸島は沖縄県に所属し、沖縄県は日本の領土である」ことに関して、「カイロ密談時」では微塵も疑問がもたれなかった。日清戦争の講和条約である下関条約の時にも「尖閣」も「琉球(沖縄)」も、台湾に属する可能性については一切言及されていない。その議事録を発掘し、それを拙著『チャイナ・ギャップ 噛み合わない日中の歯車』で資料付きで説明している(p.158)。疑問を抱かれる方は、そちらをご覧いただきたい。

            現在につながる中国政府はどう発言してきたか?

             さて、国民党政府が領有を否定したという事実は事実として、では1949年10月1日に誕生した中華人民共和国(以下、中国とのみ表記)は、「尖閣諸島」を含んだ「琉球群島」を、どのように位置付けていたのか。今回はこれがテーマだ。

             結論を先に述べる。

             中国は「尖閣諸島」を中国流の「釣魚島」と呼ばずに日本流に「尖閣諸島」と呼称し、かつ「琉球群島(沖縄県)に帰属する」と定義している。また琉球群島に関して「いかなる国際協定も琉球群島が日本から脱離すると言ったことはない」(日本に帰属することを否定したことはない)とさえ言っている。これはつまり「尖閣諸島は中国のものではない」と中国政府が断言していたことを証明するものである。

             この発言は、中国共産党の機関紙である「人民日報」が何度も載せている。また「人民日報」だけでなく、毛沢東自身も明確に「沖縄県は日本の領土」と言明し、そのときに「尖閣諸島」を除外していない。その記録も含めてご紹介する。

            【典拠1】1953年1月8日付け「人民日報」

             「人民日報」には昔から「資料」という欄があった。一般の記事や社説とは別に、あまり社会現象を知らない人や、何かしらの話題となっているトピックスに関して、別枠で解説する「親切欄」だ。

             1953年1月8日付の「資料」欄には「アメリカの占領に反対する琉球群島人民の闘争」と言うタイトルの解説が載った。

            『チャイナ・ギャップ』p.131の資料5より
            画像のクリックで拡大表示

             この「資料」欄の最初の部分には以下のようなことが書いてある。

            琉球群島は我が国・台湾東北と日本の九州西南の海面上に散在しており、尖閣諸島、 先島諸島、大東諸島、沖縄諸島、大島諸島、トカラ諸島、大隅諸島等を含む、七組の島嶼(とうしょ)から成る。

             このように定義した上で、「アメリカ帝国主義の占領に対して琉球人民が抗議し闘争している」ことを紹介している。そして「琉球人民よ、頑張れ!」と「エール」を送っている。

             中国流の呼称である「釣魚島」を使わず日本的呼称の「尖閣諸島」を用いて表現し、かつ「尖閣諸島」を「琉球群島」の領土として定義しているのである。

             これは「尖閣は日本の領土」と認めているということだ。
            ....................................................................................


            pm2.5対策も考えておきましょうね。。。

            0
              | 注意 | comments(0) | trackbacks(0) |

              さぎ・サギ・・・ひらがな? カタカナ? 何か違うような(。。

              Date:2012.09.21 Friday
              Author : 幸之進

              敦賀市港町に初めて飛来したのが5年程前・・だとか?

              今では、敦賀市内全域で目撃されていて、市外、県外での活動場所を

              探してるようです。


              さぎ飛来??    >ナイス!ボキャブラティ(笑

              次は・・・あなたかも

              0
                | 注意 | comments(0) | trackbacks(0) |
                | 1/1 page |